納骨堂について

葬儀が終わった後、遺骨はお墓に納められることが一般的ですが、最近は色々な理由でお墓に納骨するという考え方が少なくなってきてます。
その代わりに納骨堂に遺骨を納めるのを選ぶ方が多くなってきている傾向があります。
利用者の中には、後継者問題で、お墓を継ぐ人がいない方などに、永代で供養してもらえる納骨堂が人気の理由としてあげられます。
お墓に比べて納骨堂は価格が安く、立地条件がよく足を運びやすい場所にあることがメリットとしてあります。
その他に、屋内で室内完備が整ってるので、雨の日や夜間など気にせずお墓参りができることも人気の理由です。
様々なメリットがある中で、注意しておきたいこともあります。
契約期間が過ぎると、遺骨は他の方の遺骨と一緒に祀られます。
線香やお供え物もできないところもあるので、事前に調べておく必要があります。

納骨は一般的に四十九日までにすることが多いです。
手続きなどで、埋葬許可書や印鑑が必要となります。
様々な手続きが必要とされ忙しくする中で納骨する場所が決まってなかったりすると自分自身が思い描いてもない問題が起きてしまいます。
最近では、生前にお墓を購入する方も増えてきています。
税金対策にもなるので、家族に負担もかからずに前もって購入することで様々な問題に対処できるようになります。
納骨堂の様々な情報を無料で提供してくれるところもあるので、インターネットや資料を取り寄せてさがしてみましょう。


永代供養

永代供養をご利用になる際には、永代使用料を払い権利を所得することで一時的に費用はかかりますがその後の供養に関して心配することなく納骨堂に納めることが出来ます。管理も楽なので、今後の主流になると言われています。

Read more »

納骨堂の探し方

納骨堂を探すときには、宗教のにより供養の仕方が違ってくるので、運営している様々掲載されているサイトを見て事前に募集要項・募集時期や自分にあった運営主体を選ぶことが大切です。

Read more »

オススメリンク

納骨堂費用

納骨堂の費用は、規模や種類で大きく変わっていきます。年間管理料も様々な費用も発生することが多いのでそう事前に自分にあった種類や条件を探し比較して探してみましょう。

Read more »

納骨堂の種類

納骨堂には大きく分けて3つあります。公営、民営、寺院にわかれており、取得方法や費用、参拝方法も変わってくるので、システムを調べるのはとてもじゅうようになります。

Read more »

公営の納骨堂について

公営の納骨堂は、条件があり自治体などで条件が変わってきます。比較的安く利用できることで希望者が多く、抽選会が行われ選ばれることがあります。確実に当選出来るかがわからないのが注意点としてあげられます。

Read more »

民営の納骨堂について

民間の納骨堂は安いところが多いのですが、あとから様々な費用が追加される時もあるので事前に計算し、調べないと、トータル的予算以上の金額になるので気を付けたほうがいいです。

Read more »