永代供養

お墓の承継者が誰もいなかったり、自分の子どもに墓守の負担をかけたくないと考える人が少なくありません。
そのような人たちの間で近年高い人気を呼んでいるのが、永代供養墓です。
永代供養の保証がついたお墓であれば、自分の死後にお墓が荒れてしまう心配をする必要がありません。
また、子どもにも精神的な負担だけでなく、経済的な負担をかけずに済ませることができます。
そのため、都市部を中心に永代供養墓が大人気になっているのですが、様々な種類のものがあります。
普通の霊園の中に個人墓や夫婦墓のスタイルで建てられているものもあれば、納骨堂内の個別スペースを購入するもの、納骨堂で合祀してもらうようになっているものなどがあります。
また、公園形式になっている樹木墓なども高い人気を呼んでいます。

お墓を持つためには、まず霊園や納骨堂などの権利を購入する必要があります。
ただし、それだけで済むわけではありません。
たとえばお墓を建てる場合であれば、墓石代やお墓の製作費がかかります。
また、お墓や納骨堂の権利は、所有権ではなくその場所の使用権です。
所有権自体は購入後もその墓地や納骨堂の運営者が有していることになりますので、維持管理費を支払う必要があります。
この維持管理費の支払い方法が、毎年1回ずつ継続的に支払い続ける方法になっている場合と、購入時に全額を一括払いする方法になっている場合とがあります。
お墓の購入者に子どもがおらず、誰にも承継してもらえるあてがないような場合には、維持管理費をあらかじめ一括払いする形式になっているお墓を選ぶようにした方がよいでしょう。