納骨堂費用

納骨堂とは骨壺に入れたお骨を安置しておく建物の事で、お墓に入れるまで一時的に預けておく場合と、祭壇や位牌の置き場所を用意して永久的に保管しておく物があります。
寺院内に設けられた納骨堂は、墓をつくる時のように檀家になる必要がない利点があります。
他にも自治体が運営・管理する公営の所や、法人が運営して民間企業が販売する民営の所が存在します。
公営の納骨堂は他の場合よりも費用が安く済む事が多いですが、市町村に一定期間の居住を行っている等の条件があり、自治体によって決まりや手続きが違うので確認が必要です。
また、民営の中には比較的安価な所がありますが、費用が安くても追加料金を請求される場合があるので、信頼できる所を選びましょう。

現代のライフスタイルに合わせて、納骨堂も様々な種類が誕生しています。
一般的に広まっているのはロッカー式と呼ばれるタイプで、骨壺を棚に収容し、お参りの時だけ外に出す場合です。
ロッカー式でも大型の物が存在し、複数の骨壺を収容できるタイプは家族用にも適しています。
霊廟型や仏壇式と呼ばれる物は、下段に納骨する部分があり上段には位牌を置く場所があります。
空間に余裕があり、立派な仏壇を用意できます。
ロッカー式よりも費用がかからない位牌式では、納骨スペースと位牌を別の場所にする事でスペースを節約しています。
最近増加しているのは、コンピューター制御でタッチパネルに触れると骨壺が運ばれてくる自動搬送式の納骨堂です。
仏教や神道などの宗旨や宗派を問わない施設も多いです。