公営の納骨堂について

人生の中で、冠婚葬祭の場面はありますが、中でも辛いですが執り行わなければならないのが葬儀になります。
家族を見送る儀式などが必要になります。
現在の日本では、火葬が一般的ですが、遺骨を納める場合、お寺の墓地などに納骨します。
しかし、様々な事情によって、お寺での墓地などを利用しない人も増えています。
専門業者などもありますが、ビルなどの屋内に納骨堂を設けて、そこに遺骨を納める形式のものです。
形態としては、お墓の様な形であったり、仏壇の様な形であったり、様々な形態をとります。
大切な方の遺骨を納骨堂で保管する事で、所在地によっては、いつでも亡くなった方に会いに行く事ができます。
利用を考えている方は、まずは資料などを取り寄せる事から始めてみてください。

納骨堂を提供しているのは、葬儀会社であったり、有名大手スーパー系列企業、などでの取り扱いがあります。
運営・管理などはは寺院が行っている場合も多くありますので、窓口として葬儀社であったり、大手スーパー企業、その他の専門業者という形になります。
特徴としては、特に都心部などでは、お墓を設置するまでに費用もかなり掛かる場合が多いですが、この新しい形態の納骨堂を利用すれば、費用を抑える事ができるというメリットなどもあります。
提供するサービス内容については、各社で違いがありますが、屋内にロッカー形式の仏壇で納められていたりしますが、この場合には、各利用者が個別に使用する事ができます。
あるいは、一つのお墓に画面があって、この画面は多くの利用者で使用し、お参りに訪れた時だけお墓の名前が切り替わって、遺骨が運ばれてくるタイプのものもあります。
詳細については、それぞれ残されたご家族のライフスタイルなどもありますので、サイトなどで確認をし、比較検討してから利用する様にしてみてください。