民営の納骨堂について

近年は、家族の形の多様化が進んでいます。
昔は家長である父親を中心にして、祖父母を含めて家族全員が同居する大家族形式が一般的になっていましたが、現在ではそのような形式の家族は少数派になっています。
今は、生涯独身で一人暮らしをする人や、子どもを持たずに夫婦2人だけの生活を続ける人が決して珍しいものではなくなってきています。
また、子どもがいたとしても、独立して遠方で別世帯を構えているケースが多く、お墓の取り扱いをめぐってしばしば問題が発生しています。
自分が将来入るためのお墓を購入しても、それを継承する人がいなかったり、遠方に住む子どもにお墓を承継させることが大きな負担になるケースが多いため、最近は永代供養墓を購入する人が多くなってきています。

永代供養墓というのは、墓守をする継承者が誰もいなくなってしまっても、墓地の管理者が責任を持って永代に渡る供養をするお墓のことです。
誰も訪れる人がいないお墓は、ドンドン荒れて朽ち果てていってしまいます。
そのような状態になってしまうと、そこに埋葬されている故人が落ち着いて眠っていられなくなりますし、他のお墓をお参りするために訪れる人も嫌な気分になります。
でも、永代供養が保証されたお墓を購入しておけば、墓守の心配をする必要がなくなります。
実際に、子どもに余計な迷惑をかけたくないと考えて永代供養墓を購入している人がたくさんいます。
全ての霊園が永代供養墓を取り扱っているわけではありませんが、最近は永代供養の保証がついた納骨堂を運営する民間業者が続々と登場してくるようになりました。