納骨堂の種類

葬儀の後でやらなければいけない事として故人の法要、それに合わせて行われるのが納骨です。
納骨とは遺体を火葬した後、骨壺に納め、しばらくの間、仏壇や祭壇などに安置し、その後、お墓や納骨堂などに納めることです。
骨壺に入れること自体も納骨と言うこともありますが、現代ではほとんどの場合、故人の遺骨をお墓や納骨堂に納めることとして使われます。
納骨は四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。
(地方によっては葬儀後すぐに納骨する場合もあるようです。)お墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し、納骨することが一般的です。
納骨をする時は、納骨式を行い、故人の近親者、ごく親しい友人、知人などのごく内輪で行います。

お墓や納骨堂に納骨することが一般的ですが、その他にも納骨の仕方があります。
納骨というイメージとは少し離れますが、散骨というやり方で、生前に故人の強い希望があった場合や無宗教の方が利用することがあります。
海や山中などで遺骨を巻く葬送方法です。場所によっては許可制となります。

墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬や手元供養や自宅供養(遺骨を身近に置く)などもあります。
基本的に納骨の時期に決まりはありません、大半の場合は故人の宗教ごとのタイミングに合わせて行われます。
仏教では「四十九日」「百箇日」「一周忌」などのタイミングで行われます。
キリスト教や神式・神教では「納骨をこの日に行わなければならない」という決まりはありません。